読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみ。

栃木県佐野市耳うどんを食べに行きました。耳うどんというのは普通の長いうどんではなくて、耳のかたちをしています。佐野といえば佐野ラーメンが有名ですが、私はラーメンよりこちらが好きで、たまに連れてきてもらいます。耳のかたちをしているのには意味があるそうで、鬼の耳になぞらえているのだそうです。えーと、確か「鬼に悪いことを聞かれないように」耳を食べちゃおう、ということだったと思います。うちはいつも注文するものが決まっていて、私はカレー耳うどん、パートナーはグリーンカレー耳うどんを選びます。カレー耳うどんはチーズとお餅が入っていて、グリーンカレー耳うどんより甘めです。パートナーはただでさえ辛いグリーンカレー耳うどんにわざわざ七味唐辛子を振って食べます。彼はうどんやそばには七味、ラーメンには胡椒、ピザやパスタにはタバスコを必ずかけて食べるのですが、本人いわく「僕は辛いものが特別好きなわけじゃない」とのことです。世の中的にはこういうひとを辛いもの好きって言いますね。本人には自覚がないようですが、とにかくおいしくいただいてきました。

日本の生活満足度低く=生徒の幸福感、初の報告書―OECD

■日本の生活満足度低く=生徒の幸福感、初の報告書―OECD

(時事通信社 - 04月19日 19:00)

「海外派兵」が必要でなかった時代!

〔チャールズ・マックファーレン「日本1852・ペリー遠征計画の基礎資料」草思社

「石炭は蒸気船にはなくてはならないものである.石炭こそが世界を一つに繋ぐエネルギーであり,アメリカはこの資源に強い関心を示している.現在計画されている日本遠征も,日本での石炭購入の許可を日本の皇帝から得ることだとはっきり言っている.そのことはオーリック提督への指令書にも示されている.ケンペルは「筑前(Sikusen)の国では大量に石炭が掘られている」と伝えている.シーボルトによれば,この国では日常的に石炭が使われているようだ.木屋瀬」「を訪れたある寒い日に,暖かな石炭の火が使われているのをシーボルトは見ている.またウクモト」「という町にある炭鉱を訪れたことも記している」

「掘り出されているのは瀝青炭で,それをコークスに変えて使っている.こうした石炭鉱脈の価値は計り知れない」

「まさに創造主が人類の幸福のために日本の地下に埋めておいてくれたようなものだ.この石炭がなければ,蒸気機関による世界のリンクが切れてしまうのだ.そういう視点から見れば,日本の石炭は他の貴金属よりも価値があるとも言える」

〈1846年7月20日アメリカ海軍,ビドル提督が持参した大統領の将軍宛親書の一部〉

「貴国には石炭が豊富だと聞いている.これこそがカリフォルニアと支那を結ぶ船舶が最も必要としているものである.予は日本の港の一つが開港され,そこで必要なときにはいつでも石炭を購入できるように望んでいる」

〔ヘンリー・ストークス「なぜアメリカは,対日戦争を仕掛けたのか」祥伝社

ダニエル・ウェブスター国務長官

「「石炭は人類一家のために,万物の創造主から日本列島に置かれて,賦与された,主からの賜物である」

神が九州の石炭をアメリカにお与えくださったと,信じた.神がアメリカのために,日本の九州に石炭を貯蔵しておいてくださったのだと,考えた」

〔「日本1852」〕

「描写がより慎重でかつ正確なケンペルもこう述べる.

「この国の鉱物資源は世界のどの国よりも豊かである.多くの鉱物資源の中でとりわけ豊富なのが金,銀,そして銅である」」

「バタウ゛ィアのオランダ総督の手元に届いた一七四四年の資料がある.十七世紀初頭,まだ日本との貿易が自由だった頃だが,日本からの金銀の持ち出しは年間一千万フローリン(およそ八十三万両に相当)にものぼっている.これは八十四万英ポンドに相当する」

〔R.フォーチュン「幕末日本探訪記」〕

「おそらく世界中で,日本以外に自給自足できる国は他にないであろう.日本は自国内に生活必需品や贅沢品のすべてを供給できるだけのものを十分に持っている.日本の田畑で,熱帯と温帯の産物が同じように生産されたものが,農家の納屋に貯蔵されている」

「どの山脈からも石炭,鉛,鉄,銅が発掘され,貴金属もまれではない.茶,絹,綿,木蝋,油脂類が国内いたる所に豊富に産出され,朝鮮人参や他の薬草類が,塩魚や海草などと一緒にシナへ多量に輸出されている」

「条約によって,新たに指定された他の港や都市で,外国貿易が開かれると,輸出入の額は非常に増加するだろう.しかし,日本の官憲には,開港は日本にとって好ましくないと見えて,延期することに懸命の努力をしていた.閣議の結論として,将軍はみずからイギリス女王陛下に,次のような文面の書簡を送った」

「条約の条項の中で指定されているように,兵庫と新潟両港を開き,江戸と大阪で貿易を実施することは種々の異論があるので,一時それらの地域の開放を延期する….外国公使館もまた同じ問題について,衆論をまとめて声明書で,次のように述べている」

「日本は諸外国と交際を停止してから,ほとんど三百年経った.最近,アメリカ合衆国の大統領とオランダ国王との熱心な勧告によって,久しく固執された原則が改められた.その結果,沿岸近くを航行する外国船は,燃料,食料,水などの補給に,下田と箱館の港へ立寄ることを許された」

「その後,幕府は,当面する外国事情の形勢を考慮して,イギリスを初め他の国々とも同様の形式で,通商条約を締結して,自由貿易を開始した」

「だが,実際には,この貿易の結果は予期したものとは大分違っていた」

〔クリストファー・ソーン「米英にとっての太平洋戦争」〕

「一方日本については,その西側に対する攻撃は,一八五○年代にペリー提督率いるアジア艦隊に譲歩を強いられたあと-一つには西欧に抵抗するためにその科学技術を吸収して-近代国家として急速に発展してきた,その動きとの関連のなかで見てみなければならない」

南スーダン陸自、第1陣が青森空港到着 「ほっとした」

(朝日新聞デジタル - 04月19日 13:15)

スウィート ボリューミィ

神奈川に越して来て 一年が経ちました

先月 都内まで一人お出掛けした際に

確か 

小田急町田駅の改札付近にあるパン屋さんで

一服しました

ピロシキ、と書いてあるプレートを見て

嗚呼 懐かしいなあとチョイス

甘いパンも欲しいなあと

チョコレートのかかったパンとコーヒーで

いっちょうあがり♪

今朝は私にしては早起きです

と言うか 何だか寝苦しくなってしまったので

起きてしまいました

久々にネットサーフィンしながら

気になるブログにコメント入れたりして、ネッ♪

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

ココアが飲みたくなりました

チョコレートとココアの相性は

如何なものでしょうか

甘ったるさに 心地良さを ブレンドしたような

素敵な感覚が広がるような 妄想もありますが

相乗効果 ではなくて

食傷気味 に なったなら

少し 哀しいな

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

黄粉なら

黒蜜ともに

食べるのに

※もうこうなったら

 何処までも食欲一直線だよねー(棒)

食中毒には気を付けて(てへぺろ→死語?)

ってことで

黄砂に吹かれて〜見られる色は〜♪

紺レガ子が真っ白になりまつ! 

北海道も北陸も現在の神奈川も

おんなじだーよーねー(丸太棒)

*

写真は

「きなこ豆乳パンナコッタ黒蜜ソース」

By 鎌倉パスタ

「ヘルシーな大豆スイーツを お楽しみください。」

と 書いてあります

ヘルシーと言う言葉に騙されて(?)

笑顔で食らいつく私なのでタ

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

生粋の

醤油団子は

貴重なの

※さりげなさ命♪

(嫌味か!)

みたらし団子って

餡がトロリで甘いじゃない?

盛岡の伝統「しょうゆ団子」は

生醤油のみで

みたらしより

色も味も薄いんざんす♪

私は昔っから馴染みまくっていて

当たり前だったけど

夫は「何それ?」でした。

桜餅、大好きだーーっ!

(海に向かって叫ぶの図)

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

重き臼

付き立ての肌

親知らず

※母が大好き「生醤油団子」は

盛岡の老舗定番の味だったらしいのですが

残念ながら最近では

「美味しい餅」に

中々 辿り着けない由

スーパー等で購入すると

味が微妙に不味いんだそう。

因みに私は

「漉し餡たっぷり団子」が大好きだ

(はあと)

餅は重い臼で付く、

出来立てはもち肌のやふ、

赤子の魂を忘れ親知らずな場所で

悪さをする大人になるのは

イケマセンヨってネ☆

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

〜紙を彩る自由空間〜

ポエムサークル「みゅう」

詩・川柳・小説・絵・写真などを掲載した

手作り詩誌 郵送活動中☆

お手紙・フリートークなどは

「おしゃべりすずこ」CDで紹介も♪

見本誌もあります

読みたい方は連絡ください

ミュウ 239.240号 完成♪

http://fujisuzuko.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/239240-432c.html

★,。・::・°☆。・:*:・°★,。・:*:・°☆。・:*:・°

お水を

お水をかえようとしたら落ちてしまったつぼみ。

浮かべてみたら咲きました。

なんだかうれしい。

こんな

どん兵衛とベルばら・・・こんな意外なコラボ見た事無い!!

超笑える。

でもうううお陰でどん兵衛食べてくなって来たぞ。

近くのオークワで買おう・・・腹空いた

そもそも「どん兵衛」食べたことないですよね? 日清・どん兵衛が「ベルばら」と異色のコラボ

3ニーファイ21章

01 「真に、貴方方に言う。これらの事が起こる時、即ち、私が自分の民、イスラエルの家を長年の離散した状態から集めて、彼らの中に再びわたしのシオンを設ける時を、あなたがたが知る事のできるように、一つのしるしを貴方方に示そう。

02 見よ、私が一つのしるしとして貴方方に示すのは、次の事である。真に、貴方方に言う。今貴方方に告げるこれらの事、また私自身と、父が貴方方に授けられる聖霊の力とによって、私がこの後貴方方に告げるこれらの事は、将来異邦人に知らされるであろう。異邦人がヤコブの家の残りの者であるこの民について、また彼らによって散らされるこの私の民について、知るようにする為である。

03 真に、真に、貴方方に言う。これらの事は父によって彼らに知らされ、父から出て彼らから貴方方に伝わる。

04 彼らがこの地に定住し、父の力によって自由な民とされて、これらの事が彼らから貴方方の子孫の残りの者に伝わり、父が御自分の民、イスラエルの家と交わされた父の聖約が果たされるようになる事は、父の知恵にかなう事である。

05 これらの業と、この後貴方方の中で行われる業は、罪悪の為に不信仰に陥る貴方方の子孫に、異邦人から伝わるであろう。

06 このようにして、父が望んでおられるように、それは異邦人から伝わって、父が御自分の力を異邦人に示されるようになり、またその結果、異邦人は心を頑なにしなければ、悔い改めて私の元に来て、私の名によってバプテスマを受け、私の教義の真の要点を知って、私の民、イスラエルの家の中に数えられるようになるであろう。

07 これらの事が起こって、貴方方の子孫がこれらの事を知るようになる時、それは彼らにとって一つのしるしとなって、彼らは、父がイスラエルの家に属する人々に立てられた聖約を果たす為に業を始められた、という事を知るのである。

08 その日が来ると、そこで王達は口をつぐむようになる。王達はまだ告げられた事のない事を見、まだ聞いた事のない事を悟るからである。

09 その日、私の為に父は異邦人の中で一つの業を、即ち大いなる驚くべき業を行われる。一人の男が彼らにその業について告げるが、彼らの中にはそれを信じない者達がいる。

10 しかし見よ、私の僕の命は私の手の内にあるので、彼は彼らによって損なわれる事はあっても、害は受けない。損なわれても、私は彼を癒そう。私の知恵が悪魔の悪知恵よりも深い事を、私は彼らに示そう。

11 さて、父はこの僕がイエス・キリストである私の言葉を異邦人にもたらす事を許し、また異邦人に私の言葉をもたらす力を彼に与えられる。私の言葉を信じない者は誰であろうと、聖約を受けている私の民の中から絶たれるであろう。(それは、モーセの言った通りになる。)

12 ヤコブの残りの者である私の民は、異邦人の中で、彼らのただ中で、森の獣の中のライオンのように、羊の群れの中の若いライオンのようになるであろう。若いライオンは通り過ぎる時に踏みにじり、引き裂いて、誰も救う事ができない。

13 彼らの手は彼らに敵意を抱いている者の上に振り上げられ、彼らの敵は悉く絶たれるであろう。

14 真に、異邦人は悔い改めなければ災いである。父は言われる。『そしてその日には、私は貴方の内から馬を絶やし、戦車を壊し、

15 貴方の国の諸々の町を絶やし、貴方の城を悉く覆す。

16 また、貴方の国から魔術を絶やす。貴方の内には占い師がないようになる。

17 また、貴方の内から彫像と石の柱を絶やす。貴方は重ねて手で造ったものを拝む事はない。

18 また、貴方の内からアシラ像を抜き倒し、貴方の諸々の町を滅ぼす。

19 そして、偽りや欺きや妬み、また争いや偽善売教、淫らな行いは全て廃される。』

20 そして、父は言われる。『その日、悔い改めて私の愛子の元に来ない者を、私は自分の民、イスラエルの家の中から絶とう。

21 私は異教徒に及ぼすように、彼らが聞いた事もない程の報復と怒りを彼らに及ぼそう。』

22 しかし、彼らが悔い改めて私の言葉に聞き従い、心を頑なにしなければ、私は彼らの中に私の教会を設けよう。彼らは聖約を交わし、私がこの地を彼らの受け継ぎとして与えた、このヤコブの残りの者の中に数えられるであろう。

23 そして、私の民であるヤコブの残りの者と、将来やって来るイスラエルの家の全ての者が、新エルサレムと呼ばれる一つの都を築くのを、彼らは助けるであろう。

24 その時、地の全面に散らされている私の民が新エルサレムに集まるのを、彼らは助けるであろう。

25 その時、天の力が彼らの中に下り、私も彼らの中にいるであろう。

26 またその日、即ちこの福音がこの民の残りの者の中で宣べ伝えられる時、父の業が始まるであろう。真に、貴方方に言う。その日、父の業は、私の民の全ての散らされた者の中で、即ち、父がエルサレムから連れ出された行方の知れない部族の中で始まるであろう。

27 真に父は、私の民の全ての散らされた者が私の元に来て、私の名によって父に請い願う事ができるように、道を備える為に彼らの中でその業を始められる。

28 その時、父は、御自分の民が彼らの受け継ぎの地に戻されるように、道を備える為に全ての国民の中で業を始められる。

29 『そして、彼らはあらゆる国民の中から出て来る。彼らは慌てて出る必要もなければ、逃げるようにして去る必要もない。私が彼らの前を行き、また私が彼らのしんがりとなるからである』と、父は言われる。」