ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

特殊能力を持つこどもたちが住む屋敷を襲う敵との戦い。

いかにもティム・バートン監督らしい題材ではあるが、敵と戦う、という単純な図式がティム・バートンらしくなくて実はつまらない。特殊能力で戦うのは「X−MEN」と何ら変わらず、目新しさは皆無。

ティム・バートンの映画の中で一番ダメかも。