読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪友父上が逝ってしまわれました。

昨日、悪友父上が逝かれました。あと5−10年は生きてほしい年令でした。

2月16日にインフルエンザで入院し、何故か肺炎を引き起こし、一度は生還したものの

肺に水がたまる状態で、昨日逝ってしまわれました。

悪友父上ですが、Skypeには加入しておらず、直接会話を交わす機会はありませんでしたが

毎年当地のカレンダーをお送りしたり、当地のブランド磁器を悪友母上と二人分お送りしたり

でお付き合いはありまして、私を伯父とする悪友従兄弟学友たちとの交友で間違い送付の

後始末(笑)をしてくれる方でした。

ご本人は当然に仏教徒ですが、私は仏式でのご逝去を悼む方法がないので、欧州式に悼みを

悪友にしらせるべく、下の音楽ページを送りまして、しみじみと聞いてほしいと言葉を添えて

メール送信しました。

悪友一家、父方は京都の某家に繋がる家系、母方はTVや映画に何度も取り上げられた

武将に繋がる家柄・・・・・本来なら私ごときが・・・・なのですが、悪友とは直接ですが、ご両親や

悪友妹たちとも長い間、間接的ではあるのですがお付き合いがありまして、心を許せるご一家

でした。改めて悪友父上のご逝去を悼み、私流の悼みを表したいと思います。

これまで、血圧により体を壊された過去があり、多少の不自由さもあったそうですが、元気だった

のに風邪から肺炎・・・・・肺炎、体験あるのですが、ペニシリン錠剤を6時間の服用で完治

した経験があります。なのに、何故?という疑問は残りますが、すべておおいなるお方のご意思

に沿い・・・という事を理解したいと思います。

本日は呼吸器関係のチェック日で、隣組の県立病院に行ってきました。どんな検査なのか・・・

痛い事をされるのでは、と思って覚悟を決めて出向いたのですが、肺活量のチェック・・でした。

多少拍子抜けが・・・・です。

今夜は悪友父上を思って、お酒がお好きな方でしたので、ワイングラスを傾けて、父上を

お送りする事にしたいと思います。