読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと一人殺して懲役9年か

ひと一人殺して懲役9年の判決。軽すぎる。求刑通り実刑18年は欲しい。

弁護側が容疑者の罪を軽くする様に働くのは当然なんだが、無罪はなかろう。

危険ドラッグの影響があったにしても被害者の首を絞めたのは事実なのだ。

軽くして懲役9年くらいを主張するのが当然なのではないか。

記事では危険ドラッグをやっていたって程度で犯行の経緯は分からない。

情状酌量の余地があるのなら求刑通りでなくても良かろうが、記事だけでは何とも。

柔術の絞め技で窒息死って、ちゃんとした柔術なら気絶はしても死にはしない。

例外は殺意があって絞め技を掛けた場合。この記事のケースはそれにあたりそう。

殺意があって、ひと一人殺したんならもっと重い罰を科すべきだろう。

柔術絞め技で交際女性を殺害 大阪地裁、懲役9年判決

(朝日新聞デジタル - 03月14日 22:40)