「ちしき」。これこそ「しがらみ」なのかもしれない。

「ちしき」。これこそ「しがらみ」なのかもしれない。知識に関しての「ちしき」は、知恵が豊富な方が、知識が沢山よりも、生きるために必要なことだろうということ。