姥捨て山繁盛記

「姥捨て山繁盛記」太田俊明 日本経済新聞出版社

50年前、土石流で村が壊滅した。

壊滅した村にダムが建築予定されている。

ダムの補償金で村の上部には有料制の介護施設ができている。

主人公がそこの施設に入所して来た。

なんとなく谷底に来てみて驚いた。

ぶどう畑がありワイナリーがあり、ジャムを作っている工房がある。

どれも一級品で、求めに来てくれる客もいるのだ。

村八分どころか、村十分で、村からはなんの支援もなく、電気も自家発電なのだ。

理由は、ここがダムに反対していること、ダムの水没地域に住まいしていることで、ダム建設の支障になるからだ。

次第に主人公はこの地区に肩入れし始める。

レストランを開いて、職人を呼んでパン工房も始める。

姨捨て山が次第にちからを盛り返してきた。

後半は、ダム建設をはかるボスとの攻防、勝ちます。

最初は、姨捨て山伝説、介護老人ホーム、うっとうしいお話しじゃないかい。

いいえ、元気になるお話しです。

こんなお話しばっかりならええのにね。

----------------------

「しぇるぱ散らし踏み」

http://sherpaland.net/

----------------------