読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛治療 6

腰痛の話

1月にはスキーができるくらいまで復活してほとんど痛みがなくなっていた。

しかし、2月の中旬ころ、なんとなくコタツで横になっていたら、少し痛みが増したような気がした。

その後1週間くらい後に毎日30分の歩行がつらいくらいになってしまった。

さらに時間が経過して状態はよくなってきた。まあ痛くなったり治ったりしながらだんだんよくなるのだろうとか思っていたが、、、

ふと、この痛み、仙腸関節がずれているのではないか。

と思って、仙腸関節を開いて突っ込んでみたw。

慣れたもので、会社で昼休み、長椅子によこたわって仙腸関節のチューニングw。

足を少し曲げた姿勢でAKAの医者みたいに手でなんとなくむにゅむにゅと骨盤の角度を変え、立ち上がって足に衝撃を与えて関節を突っ込む。

なんと、どんどん痛みが軽減するではないか。

最近腰痛が収まって仙腸関節のことなどすっかり忘れていたが、一時期足の筋肉の動きがばらばらになって外れかけたおかげで、関節が外れやすくなっているようだ。

仙腸関節がずれているかどうかは足の開き方、長さが左右対称か、硬いものに腰掛けたときに左右のお尻の高さが等しいか、などで簡単にわかる。

右足が少し開き加減でおかしいなとは思っていたが、こういうときにアライメント調整ををきちんとしないといつまでたっても治らない。

まあ、ずれていたここ1ヶ月ほどは、仙骨と腸骨のあいだ辺りの関節部分を押すと痛いし、寝返りをうっても痛いしでさんざんだったのだが、なんとなく改善した。。