エイプリルフールじゃなくて死にかけた・・汗

何時もの週末何時ものように林道に向かった。

三月は一般道路で工事中の道が多いね

現地に着くまでに四五回大きなギャップを越え現地に着きまあまあのペースで進入して事件は起きた。

四速全開から三速に落とし右に曲がる通称殺人コーナーで突然『ドン』と言う音と共に車がコントロールを失った。

軽いパニックになったが冷静に内側に車が行くようにタックインさせながら反対車線で何とか止まった。

その状態でアクセルを踏んでも前に進まない

車から降りると左前輪がロアアームから外れドライブシャフトが外れている。

そのタイミングでMR-Sインプレッサがバトルをしながら突っ込んでくる。

手を大きく振りMR-Sに気づいてもらい大事故にはならなかった。

FT-86の子が直す工具を取りに倉吉に戻り

何時ものメンバーが続々やってくる

ドラシャが外れたのでミッションオイルが漏れてきたがFT-86 ロードスターの二人のメカニックのおかげでどうにかロアアームと繋ぐ事に成功

今戻りました

僕には初めてのトラブルだったが古い軽自動車の場合よくあるらしい

今思えば極めて冷静だったな

大事に至らなくて良かった。

ドライバーにはどうしようもないトラブルだけに焦った。