思いだした嫌な出来事

 ニコニコ動画のサイトでコメントを打てるニュース記事があるけど、真昼の混雑するデパートでベビーガー優先なのにエレベーターに乗れなくてキレちゃったベビーカー連れのお母さんの記事を見た。

 ま、これはお母さんの頼み方が偉そうだからイカンのと、誰も降りないってのも世知辛い世の中だなーと思ったぐらいだけど、譲り合いを考えるってので過去の嫌な事を思い出した。

 あれは20数年前。所用で佐賀方面から長崎へ帰る時にJRで特急に乗ろうとした。自由席の券を買ってホームで待ってたんだが、いざ列車が来て扉が開き、乗ろうとしたところで斜め後ろから呼びとめられた。「あなた、割り込んだらだめだよ!」

 は?と思って振り向いたら、少し金髪っぽい外国人の男性。背丈は私と同じぐらいだったと思う。私は全く割り込んだつもりが無かったものだから『???』となった。彼は私を目で制しながら、『お前乗るな』と言わんばかりに他の人を乗せて自分も乗って行った。

 私「ポカーン」。私がホームのその場所に来た時、前に5人程待っていたと思うけど、その外国人はその時いなかったと思う。しかし、その出来事のせいで私の後に来た他の人10数人までも全員が乗った後、最後に乗る羽目になった。

 で、ホームとの扉は列車間の通路にあるけど、いざ列車に入って中を見ると、測ったように全部の席が座った人で埋まっていた。立ってる人もいない。なんだそれ‥。

 結局、私はすごく嫌な気分でずっと通路に立っていた。長崎(浦上かもしれないけど詳しく憶えてない)に着くまで1時間はあったろうか。何をするでもなく(普通は本でも読んだりするけど)、何か悪い事したかな?と考えながら。

 ずっと立ってたから、駅のホームに降りた時は疲れてた。すると、例の外国人が私の所に来て「私は悪くないよ!」と吐き捨てるように言って、スタスタと行ってしまった。

 今の私なら、「ちょっと待てや!」と後ろから掴んでいたろう。

 仮に私が順番的に割り込みになるような乗り方になっていたかもしれない(後から考えても私は全然そう思ってないが)、しかし明らかに俺より後に来た奴らまで全員乗って座った後、俺一人だけ立たされた落とし前はどう付けてくれるんだこの偽善野郎、という事を怒鳴っているだろう。

 しかし、私は若かった。まだ10代だったから社会経験もなく、自分に良くない感情を持って突っかかってくる赤の他人とのやり取りも普段ほとんどしたことが無かった。

 そして、何か自分に悪い所があったのかと考えてしまった。最後にこの男に言われた時も何も言い返せなかったんだよね。

 はぁ〜、今なら掴みあいになってでも喧嘩するのになぁ。自分の正当性も主張できないんじゃ納得いかないから。例え外国人でも関係ない。不当に喧嘩売ってくる奴には、ヤクザやキチガイ以外は思い知らせないといけない。あ、ヤクザ〜は喧嘩するだけ損をするのですぐ逃げるけど(笑)。

 で、結局この出来事は胸糞悪い思い出として自分の中に残ってしまった。彼はイギリス人だったのだろうか。何かそういう順番に厳しいとか言うしね。しかし、声を大にして言いたい。「偽善はやめろ、迷惑だ!」、と。ふぅ。