読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言語と非言語

覚え書きメモ

ここ最近(もしくはそれ以前から)手のひら(もたは指の先端)を自分に向けると「向けられた部位」と「向けた手のひら(指の先端)」の双方向に連動して(=リンクして)静電気的?なエネ感があるわけでして、以前は(?それがいつまでかは定かではないですが)ある程度の静止状態で意識を集中しないと感じとれなかったものが、歩行中とかあるいは仕事中に右手でマウスを操作しながらの左手で、などなど、ほぼ全時間帯で特に意識を集中しないでも(?ドライヤーの風をあてるみたいに?)エネ感を感じられのですが

その一方で、いわゆる『マントラ(=自作のエネロゴを含む)』を唱えると、それはそれで主に頭部(?眉間を中心として?)エネ感があったりするわけですが

苫米地式気功法?では『言語』はいわゆる(五感を含む)『モーダルチャンネル』の一つ、だそうですが、言語と非言語の組み合わせで効率よくパラメーターを上げるエネトレ?ができないものかどうなんでしょか?

このあたり、毎週参加しているレイキの交流会ではそもそもそういった方向性がないので回答が得られそうにないんですよねー