読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復興相後任に吉野氏 今村氏更迭、首相「任命責任」 

今村雅弘復興相(70)=衆院比例九州ブロック、当選七回=は二十六日、東日本大震災の被害に関し「東北で良かった」と発言した責任を取り、辞任した。安倍晋三首相による事実上の更迭。首相は後任に、自民党吉野正芳氏(68)=衆院福島5区、当選六回=を起用した。民進党など野党四党は首相の任命責任と政権の「緩み」を追及する方針を決めた。首相は「任命責任は私にある」と失言を陳謝。政権運営の立て直しを図るが、後半国会への影響は必至だ。

 自民、民進両党は首相が出席する予算委員会の集中審議を衆参両院で開くと合意。衆院は五月八日で決まり、参院は九日をめどに調整する。衆参の震災復興特別委員会は二十七日にそれぞれ吉野氏の所信を聴取する。所信聴取後に国会は正常化する方向だ。

 今村氏の辞表を受理した後、首相は官邸で記者団に「首相として改めて被災地の皆さまに深くおわびを申し上げる。復興は安倍内閣の最重要課題だ」と述べた。さらに「(政権に)緩みがあるとの指摘を真摯(しんし)に受け止めなければならない」とした。今村氏も記者団に謝罪。議員辞職は否定した。

 後任の吉野氏は二十六日午前、皇居での認証式を終えて正式就任した。福島県議を経て、二〇〇〇年に初当選し、環境副大臣などを歴任。細田派に所属する。衆院震災復興特別委員長を務めていた。

 民進党蓮舫代表は党会合で今村氏について「辞めて済む話ではない」と強調。共産党小池晃書記局長は記者会見で「議員辞職に相当する発言だ」とした。民進、共産、自由、社民の野党四党は幹事長・書記局長会談を開き、首相の責任をただすことを確認した。

 閣僚辞任は、一二年十二月の第二次安倍内閣発足以降、五人目。昨年八月にスタートした第三次安倍再改造内閣では初めてとなる。

 復興庁は、吉野氏が宮城、福島両県を二十七日午後に訪問し、村井嘉浩、内堀雅雄両県知事とそれぞれ会談すると発表した。