読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブレター&告白

心から愛した人がいました。

いつも誤解ばかりされて、事実ではなく 俺が納得考えた答えが真実なんだ!とよく言われてました。

そして、罵倒され続けて、

それでも離れられない、忘れられなかったのは あなたを心底愛してたからなのでしょう。

1日も忘れたことなかった。忘れたくても忘れられなかった。

もう、あなたは私の日記を覗きにくることもないと思うので、漸く 誰にも言えなかった本心をSNSさんに打ち明けます。

離婚後、子供の苗字の確認されてないけど。。

お宮参りの際に彼の名前で祝詞をあげて欲しかったので、彼の名前を書いたことを彼は確認した!と言ってるのかなぁと思います。

なぜ、そうしたかというと、、彼が改心して、今までの罵声、傷つけてきたことを謝罪して、

直ぐに私たち親子を迎えにきてくれる願ってたから。

いろいろ伝えたい、連絡もとりたかった。

でも 、ずっと我慢してました。

だって、

そうして会わない時間で

彼がいろいろと見つめ直して、必ず迎えに来てくれる!と信じたかったから。

彼から言われて来たことを思い出すと、胸が張り裂けそうなくらい辛く、悲しかった。

でもね、なぜ嫌いになれないの??!

彼との思い出をたどってしまう。

彼は娘のお誕生日に

これで終わりに

と書き残してました。

涙が溢れでて、

彼は謝罪して迎えにきてくれないんだ!!とわかりました。

なんだか、警察から連絡があったようで、警察に問い合わせると

一度 アパートで彼が暴れた際に警察にお世話になり、その時から数ヶ月に一度電話がくるようになり、

彼にもそのことは伝えたことあったけれどね、

でも、私の番号がかわり連絡つかなくて、自転車登録番号がどうやら彼の番号だったらしく…

彼に連絡がいったみたいでした。

彼に誤解されるし、迷惑がられるから

やめて欲しいけど…

警察もお仕事だから仕方がないね。

警察から連絡がきて嫌だったよね!なお君ごめんね!と心で思いました。

私は彼のお母さんも大好きでした。お母さんはきっと心配して下さってると思い、ずっと近況をご報告したかった。けど、そんなことできず、メール書いては送信しなかった。

ところが、ある日 お母さんからメールが…

どうやら、娘がいじってて 送信しちゃったみたいでした。スマホって、危険。

中途半端なメールだったから、改めて誤送信のお詫びと近況報告と、娘の写真を何枚か送信。

ただ、お母さんの携帯 写真受信できないことがよくあったからなぁと不安になりながらも。

というか、私の携帯も不調で 送れてないかも!?だけど。

何事も、

あとの祭りかな。

母子家庭で、細々と暮らしているのに。

なんだか、生活保護うける為に 名前を一緒にするとか、なんだか色々と思い込まれてるみたいで

悲しかった。そんなことしたことないのに。

養育費ももらえないなか、

勿論 生活保護なんて受けてないし。

生活保護受けたくない!と彼にも話してたのだけど…。

母子で本当に大変だけど、細々と暮らしてます。

母乳が出てくれてありがとう!

一生懸命にすってくれる娘に感謝!

ミルク代もかからず、親孝行な娘です。よく出す高熱時なんて、飲まず食わずになってしまうけど、母乳だけは飲んでくれるので 助かってます。

未だに添寝乳だから、可愛い

旅行いくお金なんてないけどね、、また彼との思い出の御殿場、柿田川、箱根や湯河原、名古屋、関西、瀬戸、様々な地に行きたいなぁ〜と

彼のことを思い出しては、1人切なくなってます。

彼は

外出もできなかった私を一緒にリハビリがてら、お出かけしてくれて、iPodを買ってくれて、外の世界に戻してくれて、私を救ってくれた1人!

本当に感謝しています。だから、憎めないどころか、未だに想ってしまうのかな。

周りの人には、彼との品はお金ないのだから、処分したら?!と言われます。

けど、どれ一つとっても わたしの大切な品なのです。

馬鹿げてると思うけど、

彼に投げつけられた結婚指輪は

彼が迎えに来てくれた時に!と思い大切にして来ました。

勇気が欲しいとき、大事なときも彼からもらった指輪をつけて、彼を感じてました。

未だに、夜切ないときは彼と手を繋いでるように、自分の指を二本握ってました。

私は彼の指を二本握るのが大好きで、彼の厚いけどこかふんわりした胸板と腕がすぎで、腕枕も大好きで。

彼が気にする細く少ない、柔らかな天パも大好きで。

直ぐに頭から大汗かくところ、小顔で、抱きついてる時に顔の形を触るのも大好きで。

お笑い番組みて、珍しく声出して笑ったり。すごく嬉しかった。

彼の匂いフェロモン?が好きと答えたけど、そうではないのかも…あなたのことが好き過ぎて、近くにいるだけで

胸がキューっと、なってしまってただけなのかもしれないな。

桃ちゃん生まれてから、初めてコードレスヘッドホンやってくれた時の、何気ない仕草。パソコンに向かってる時の横顔。全部大好きで、本当は邪魔したくて。

でも、何事もなかったかのように、私は装って。

無邪気に出来なかった。

もっともっと、本気で話して、本気で甘えれば良かったと思ってきました。

でも、本当の私を出し切ったとしても、

きっとあなたは私を選ばなかったのだろうなぁ、私では幸せになれない!と見切りをつけたのだろうなーと、思います。

子供達の為に、キャラ弁作ってくれて。本当はチューしたかたった。嬉しくてね。ありがとう!

本当にバカだなぁーーと思う、わたしは。

節目節目のイベント、彼との思い出の日、そんな日は彼がログインしていないかな?

日記書いてないかな?なんて、覗いたり。

でも、去年の秋ころからぱったりログインしなくなったので、直ぐにわかりました。

彼には既に大切な人ができたのだ!と。

悲しかった。

そして、娘の2回目の誕生日。。

何の連絡もありませんでした。

彼は私に謝罪するつもりもなければ、迎えにくるつもりも本当になかったこと。

そして、本気で彼に愛されてなかったことを理解出来た気がしました。

あー、私もこれでお終いにしよう!!

やっと思えるように、

いえ、思うように努力しなくちゃと思います!

一つ一つ処分して、、

彼は亡くなったと思うよう。

お母さん! お母さんにはお伝えしたかった。

彼を産んでくださってありがとうございました!と。

お母さんはなおとと出会わなければ良かったね!ごめんね!とよく言ってくださってましたね。

その度に私は出会わなければ良かったなんて思ったことはありまけん!とお話してきました。

彼と出会えなかったら、本気で男性を愛することを知らなかったと思います。

でも、今はこんなに毎日彼を忘れられず、辛い思いをするのなら、出会わなければよかった!と思うこともあったりです。

でもでも、産んでくださってありがとうですね!

私の傍らには、こんなにこんなに愛おしい娘がおります!

愛した人の子がそばにいてくれるなんて、

こんな幸せはありません!!

例え、一杯のかけそばでも、貧しいながらも楽しい我が家です!

お母さん、お父さん、なおとさんを産んで育ててくださってありがとうございました。

そして、今こうしてお会い出来なくなってしまった、結果。ごめんなさい。

お母さんがまた会えるよね?!と離婚時 言ってくださった言葉、私もそう信じてました。

お母さんに、離婚時にお話しましたね。

「なお君と一生添い遂げたかったです!」と。

あの時、お母さんはなおとに言っていい?!と仰ったので、言わないでください!とお願いしましたね。

それは、今のなお君は難しくても

私たちを愛してくるてたら、

必ず謝罪しにきて、

迎えにきてくれると信じてたからでした。

熱田神宮で、なお君が「縁が切れたけど、またこれで!」と縁守りを私と彼とのを買ってくれました。

今でも、彼が買ってくれた 彼とお揃いのブランドのお財布に そのお守りをずっとつけてます。

お母さんが私が妊娠中に買ってくれたお守りもつけてます。

このご縁守りは、今生ではなく、

来世で彼と出会い、今度は相思相愛となって、そして桃ちゃんが誕生して

今度こそ パパとママの間に桃ちゃんがはいって、

お手手繋いで ピョーンピョーンする!そんな幸せな家庭を築き、

添い遂げられたらなぁ〜と、

願掛けなんです。

お母さん! 途方もなく、私はおばかです。。

そして、大好きなお母さんと一緒にもっと過ごしたかった。私のママになって欲しかったです。とても尊敬しています。

私ね、

もっともっと彼に甘えたかった。新婚さんみたいにしたかった。でも、出来なかった。

一つ一つクリアして、初めて ラブラブになりたかった。

本当はいつもいつも抱きつきたくて、ずっとずっと我慢してました。

行ってらっしゃい!もお帰りなさいも!

お外でいるときも!

ずっと甘えたかったです。

だって、彼は知らない。

私がどんなにあなたを愛してたかなんて。

彼は結婚時、

愛してるとは言ってくれなかった。正直な人なんです。大好き!だけど、愛してはなかったんだよね。

でも、これは私の中では大きなことで

離婚の決め手とも言えるかな。

罵声を浴びさせられても、ひどいこといってごめん!愛してるから許してー!みたいに、言われたら

すんなり、許して

離婚なんてしてなかったはず。

それと、彼に伝えなかったことが…

元夫のこと嫌いな人ではないと伝えてたけど、

違うんだよね、、

愛した人はあなただけでした。今でもそれはかわってません。

ずっと伝えれば良かったと後悔してました。

そのことは彼は知りません。

彼のことは、尊敬もしてて

お仕事もできるし、、一度だけお仕事の仕方を話してくれたけど、、内心はステキだなぁと旦那さんにときめいてました。

本当はお仕事をお家でしてもらって、時にその邪魔をして!お仕事のことを手取り足とり、お仕事のことを教えてもらいたかったのです。

これも、彼に言えなかった。

彼のお洋服畳んだりしてる時も、彼を感じてました。

行ったばかりなのに、早く帰ってこないかなーー!

お迎えに行きたいなぁーなんてね。

少女のようにね。やはり、私おばかさんです。

彼は、俺のこと心配してない!と言ってたけれど、

本当は人間ドックに無理にでも連れていきたかったし、でも そんなことしてら、彼は嫌がると思ったから。

私のペースに巻き込めば良かった。そうしたら、今は違ってたかも??なんて思ったり。

いつもいつも、彼のことを考え過ぎてしまい、空回りしては鈍臭い私は彼を怒らせてしまい。

お母さんには馬鹿正直にいわないで、上手くやらないと!とアドバイス頂いてたのに。。私は嘘がつけず。

本当に私にアホだったな。

彼は時にトボけた話し方をして、それが大好きで

未だに私の口癖です。

名古屋弁は彼は殆ど話さない人でしたが、

離婚してから 私がよく使ってます。なんちやって名古屋弁ですが。

子供達にフィギュアスケートやらせてもいいね!なんて、結婚前に話してたことを思い出します。でも、お金かかるので 勿論できませんが(^^;;

愛してる人には本当に幸せになって欲しいと思います。

そのパートナーが私でなかったことは残念だけど、

それは彼が私ではない!と決めたこと。

彼が幸せになれる相手が私ではないという事です。

それでも、いいの!と思えるようになりました。

彼が10年後の自分を職場で書いた時の話をしてくれました。

彼には結婚して、3人の子供がいるそうです。

お母さんには、お話したけれど

彼は若く、才能もあるから、私みたいなおばさんといなくても、なお君なら直ぐにパートナーは見つかると思います!と。

恐らく、ここにログインしてないということは、

彼は切るときは キッパリきる人なので、

私たちのことは切って新しい出会いを求め、

めぐり逢えたのだと思います。

彼はキレなければ、ユーモアもあり、笑顔がかわいく、心に余裕があればとても優しい人なので、直ぐにお相手は見つかるとわかってました。

100%なお君だけを見て、愛してくれる奥さんと、3人の子供が授かるといいね(*´`*)

なお君、幸せになってね(*´`*)

こうやって日記を書いて、一つ一つ整理しなくちゃ!

誰が読むわけではないけれど、

書いてスッキリしなくちゃ()

そして、愛してます!から

愛してました!にならなくちゃいけないねーー

自己満足の日記なので、

傷心中の私に

冷たいメッセージなど

ご遠慮くださいませ〜

傷つき過ぎた私の心のバケツは

これ以上持ちこたえられそうにありません。

お願いだから、冷たいコメントは入れないでくださねm(_ _)m