読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曽我部恵一、伊藤ゴロー in 「東京蚤の市」 人が多いけど

今年もぶらぶら「東京蚤の市」。初日の中村まりを楽しみにしてたけど、雨こもりですっかりわすれてた。

まあ人の多いこと。

曽我部さんソロ。知らない人でも楽しい歌のお兄さん風。あじさい、青春狂想曲、他、本当に名曲。連連弾。大人に、の音数の少ない魅力。サニーデイや普通のソロライブよりも、ずっと開放的に。最後はやっぱりコーヒー。

そして、伊藤ゴローさんユニット。前列で。小さいところではあんまり見れないゴローさん、目の前で、音合わせから見れる嬉しさ。

この喧噪の中だとどうかとちょっと不安に、曽我部さんに比べると人も少なく。知世ちゃんがいたらえらいことになるんだろうけれど。

快音。

深夜の愛聴曲の数々が喧噪の中で、まあなんという快い響き。寝ちゃうよ。

あっという間におわっちゃう。いつまでも聴いていたい。野外のゴローさん、ちょっと見れないかも。今週のホールが楽しみ。

多摩川の昔からの定食屋、いつもはガラガラなのに満員。じゅん散歩のせいで、お肉屋さんのコロッケとたい焼きに行列。

密かにカイシャに。出ることが多くて全然おっつかないので、サービス出社するしかない。

人がいないデスクはいい感じの時間。