読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相川圭子「嫌いな相手は自分を映す鏡」

相川圭子「ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス」より。

嫌いな相手は 自分を映す鏡

人間関係に悩んでいる人は多いと思います。特に、上司や同僚など、仕事関係の人とのことがあるでしょう。日々顔を合わせる中で、理不尽な言動や驕った態度などにどうふるまっていいかわからず、大変な思いをしているかもしれません。

しかし、その出会いはすべて、あなたのカルマによって引き起こされたものであり、学びなのです。その人と接することで、あなた自身が成長できます。

その人なりに一生懸命やっているのです。あなたは人のことは見えるのですが、自分の中も見つめる必要があります。相手の良いところを見つけましょう。尊敬と思いやりを持って接しましょう。

嫌いな相手に、「嫌悪を感じて無理だ」と思うかもしれません。しかし、相手はあなたを映す鏡であり、あなたは相手を映す鏡です。ですからあなたが嫌いだと思って相手と向き合えば、「嫌い」という感情が伝わり、相手は同じ波動を引き出して返してくるのです。

そういう意味では、苦手な相手はあなたの真実の姿を教えてくれる神のようなものです。過去にされた嫌な記憶や、価値観に引きずられる自分をコントロールしましょう。また、あなたからの感謝と愛はあったのでしょうか。不平不満が出てはいなかったでしょうか。改めて考えてみてください。

されたことはすぐに許して忘れ、平等心で向き合うのです、あなたを成長させるための出会いです。相手の奥には純粋な存在があります。それを信じます。自分を変えることができる機会に感謝します。

嫌いな人と接することで自分が成長できる。