ギャラクシーエンジェル:楽しそう!

ギャラクシーエンジェルは、オリジナルはWindowsで発売されたリアルタイムシミュレーションゲームで、手元にあるのはPlayStation2に移植されたものである。

ギャラクシーエンジェルブロッコリーが展開したメディアミックス作品で、アニメ版とゲーム版が存在する。

アニメは日曜日の朝に放映されていたので、全編見たわけではないが割と馴染みがあり、自分にとってのギャラクシーエンジェルはアニメ版である。

ゲーム版はシリアスであるという噂は聞いていたが、ゲーム版に触れるのは今回が初めてだった。

アニメ版とゲーム版の印象が違う理由は、Wikipediaを見ると良くわかる。

 Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB

なるほどゲーム版の方が本来の姿で、アニメ版は諸般の事情により、ある意味苦肉の策で生み出された作品であったということのようだ。その割に長く続き、人気の度合いも凄いものがあったので、監督を称えるべきか、不測の事態に感謝すべきか、まあそんなところだろう。

ゲーム版を見るのは初めてだが、プレイしてみると、とても丁寧に作られていることがわかる。

キャラクタは魅力的だし、ゲームシステムを見ても隙があまり無い。

ゲームはアドベンチャーパートとシミュレーションパートに分かれるが、ゲームの売りはシミュレーションパートのリアルタイムストラテジな部分と、その際の美麗なCGであろう。

美麗なCGはカメラビューといって、各紋章機や戦艦の様子を実際に見る場合に使うもので、戦闘シーン(戦術レベル)は良く見えるが全体の様子は見えない。

各機に指示を出すのはマップビューといって、マップ上のキャラクタをアイコンで示したビューで、カーソルでコマンドを指示しする操作系になる。

ゲームのキモはリアルタイムストラテジなので、主人公の立場はコマンダーである。コマンダーが主に見るのは、当然俯瞰図であり、それはつまりマップビューの方である。

全体の様子はそこでわかるし、指示もその画面から行うので、実質的にはマップビューだけあればゲームは成立する。

しかし、マップビューだけ見ていると、せっかくの美しい戦闘シーンが見られない。これは大変もったいないので、たまにカメラビューにしてみるのだけれども、見ている間はコマンドを送れないので困る。

できれば両方のビューを同時に見たいのだが、映し出すTVモニターは当然1枚である。これはマルチモニターにしたい。できれば紋章機5機それぞれのモニターとマップビューで6枚のパネルがあると最高なのだが…。

かれこれゲームというものに触れて長い人生送っているが、ゲームをプレイしていてマルチモニターにしたいと切に願ったのは、これが初めてである。

せめて、マップビューの脇に小さいモニターで表示されていたりするだけでも幸せになれると思うのだがぐぬぬ・・・・。

シミュレーションパートもアドベンチャーパートも、冒頭プレイした限りでは大変魅力的で引き込まれるし、これは好きな類のゲームである気がする。