黒にんにく爆弾

母親ががん治療の一貫として、家で自家製の黒にんにくを

作り始めた。

スーパーで購入した大きめのにんにくを5個ほど

炊飯器にぶち込んで保温状態で数日放置するらしい。

初日はそれほどでもなかったのであるが

三日目を迎えると炊飯器周辺にニンニク臭が漂いはじめた。

それだけではなく、実際に外にでて

にんにくを使った料理を食べたかなと思うほど

体ににんにく臭がこびりついていてちょいとびっくりしたのだった。

いつになったら黒にんにくになってくれるのかわからないのだけれど

しばらくは家の中がにんにく臭で占拠されることになりそう。